2017年03月30日

2017-2018 UPZ BOOTS 仕様変更のお知らせ 2017.03.30

<RC11+11R&NEW CUFF>
RC10 は過去のものとなり、RC11、RC11R に生まれ変わります!

革命的な "in-mould technology”インモールド テクノロジー、
柔い素材と硬い素材を組み合わせたNEW カフ!
黒いところがとても硬く (E-module around 2000)、他のところはソフトに (E-module 350)

RC11 Y.jpg

RC11 blue-small.jpg

RC11y hinten.jpg
※RC11の全ての画像は初期のプロトタイプですので本商品はさらに進化します

RC11 はフレックスと履き心地は失わず、今まで以上にダイレクトな動き実現!
ブーツは現行モデルよりも硬く仕上がりますが可動するところはしっかり稼働し、
柔らかさが必要なところは柔い素材でしなやかにしなります。
硬い素材と柔らかい素材の組み合わせで沢山の調整が可能になりました。
for every rider´s style !

※RC8にはインモールドテクノロジーは採用されません。
 
<XR5>
アッパーとロアを同色に変更します。
カラーバリーエーションはYellow とBlue の2 色で変わりありません。
アッパー部分がBlack の予定でしたが同色になります。

XR5 blue-small.jpg

XR5 yellow-small.jpg

<ATB>
ATB ブーツを生産するとの情報を一部の方に伝えましたが、
需要が見込めないためATB は継続しないことにしました。
代わりにソフトアウタータンとソフトフォワードフレックススプリングを用意します。

<フォワードフレックススプリング>
フォワードフレックスは3 種類のスプリングを用意します。
スプリングの交換で硬さ調整が出来るようになります。
※パーツ入荷後に受注開始致します

<RACE HEEL ADAPTER>
ヒールアダプターが薄くなるとの情報を一部の方に伝えましたが、
オプションにてRACE HEEL ADAPTER を発売する事になりました。
HEEL ADAPTER の厚みを4.5mm 薄くすることでトゥーとヒールがほぼフラットになります。
あくまでもオプションパーツとしての販売ですので、
ブーツに組み込まれるヒールは従来通りの厚みです。
※パーツ入荷後に受注開始致します
posted by 管理人 at 18:11 | Comment(0) | UPZ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: